×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

◎統一教会とオーム真理教と北朝鮮の関係


 「週刊現代」平成7年5月27日号は「麻原オウム事件の『全真相』」を特集した。その中で「麻原オウムの犯罪と統一教会」は4頁、続けて栗本慎一郎氏(衆議院議員)著名入りの一文「麻原オウム真理教と統一教会を結ぶ点と線」にも二頁を割いている。この二本の記事は極めて興味深いのだが、この号が発売されて程なく私のもとには「売ってない。買い占められたのじゃないか」という電話が何本かかかってきた。売り切れたのか買い占められたのかはわからないが、随分早くこの号は店頭から姿を消したので、ここでは内容を紹介しておく。
 
 

●「麻原オウム真理教と統一教会を結ぶ点と線」

 前述の「週刊現代」に載っている栗本慎一郎氏の「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」という一文で、栗本は専攻する「経済人類学」の立場から、オウム真理教を巡る一連の疑惑を解くキーワードとなるのは「北朝鮮」(朝鮮民主主義人民共和国)と「統一協会」と断定する。

 「実は91年晩秋に、麻原と会談した事がある。話題は輪廻転生や空中浮遊の科学的根拠
 等で、当然彼の超能力の可能性は否定してやったんだが(此の否定が共産主義者の唯物論
 の考え。現実には霊体が存在しているから、霊体自身が宇宙大自然の法則(一番の奥義、
 東洋では「気」で、今現在用語では「スカラー波、重力波」)を使用して現象を起こす。
 人はそれを見て、超能力と言っている!忍)、会談に先立って、意外な事実を掴んだんで
 す。麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人だったんです」(「週刊現代」平成7年5
 月27日号)
 
 この事が栗本氏の研究では大きな意味を持つ。

 「朝鮮半島のキリスト教史を見ると、現地に昔からあった土俗宗教に異文化であるカトリ
 ックが侵入し、土俗宗教が危機に陥った結果、両者が融合された『危機宗教』というのが
 ある事が分かる。
  この『危機宗教』の1種に、朴秦善が起こした伝道館(長老教ともいう)があった。伝
 道館では、信者は1カ所に集められ毛布や醤油を作って生計を立てているんですが、その
 収入は全て教祖に入ってしまう。この朴秦善の『集金システム』を受け継いだのが、文鮮
 明の統一教会なんです。
  そして、オウムも朴秦善・伝道館の支流だろうと思われます。というのも、伝道館では
 一カ所で生活する際、信者に財産の全てを寄進させている。血分けの儀式(悪魔の儀式!
 忍)も『危機宗教』独特のものです。つまりオウムは、このやり方を露襲しているのです。
 朴秦善・伝道館を『父』とするなら、オウム真理教と統一協会とは『兄弟』のような関係
 といえるでしょう」(同上)

 だが、まさか北朝鮮と伝道館とは関係あるまい、と思うと、栗本氏によればそうではなかった。故・金日成の父親は「伝道館の源流ともいえる教団の信者」だった。金日成の叔父は朝鮮キリスト者連盟の中央委員長で、祖父は西欧のキリスト教信者を迫害してカルト性を加えた人物。
 朝鮮半島のキリスト教は反日運動の拠点であった事は有名だが、麻原が生まれた熊本は日本での明治維新後のキリスト教発祥の地。こうも色々な事が符号すると(符合させているのが、悪魔ダビデ又はダビデの手下が、霊界で暗躍しているのです。只、日本の場合は正義の為に剣を出すという傾向がないので、善悪が付けにくくなる。だから聖霊(神)の存在を無視するようになる。又は神(キリスト教)の歴史が知らない日本人の先祖の霊(守護霊)が無知だから誤った方向に導き出す!忍)、「北朝鮮ー>統一協会ー>オウム真理教」は一本の線で繋がる。
 
 「オウムの『反日本社会的意識』はそこに根ざしていると考えられる。決して『革命』と
 か(此の意味不明?北朝鮮と繋がれば革命意識はある!忍)解脱とかカッコイイものでは
 ない。
  又北朝鮮にとってオウムは、利用するだけの価値があったのではないか。麻原は3年間
 だけ阿含宗にいましたが、宗教法人の経営を学ぶ為の入信だろうと思います。この阿含宗
 から麻原が脱会するとき、統一教会から送り込まれていた人物が麻原についていったとい
 う確かな情報もある」(同上)
 
 

●オウム真理教は統一教会の仏教部か?

 麻原が阿含宗を脱会した時、早川紀代秀他数人が一緒に阿含宗を辞めて、麻原に付いて行った。その中に「統一教会から送り込まれていた人物」がいたと、栗本は指摘する。
 平成5年の春頃、三橋はある宗教ウォッチャーと雑談して、話がオウム真理教に及んだとき、その人は、「オウムは統一教会の仏教部です」といった。その頃の三橋はオウムには全く関心がなかったが、彼が「会員や信徒が500人以上いる宗教団体には、決まって隠れ統一教会員が入っているか、入ろうとしていますよ」と言い添えた事は記憶している。
 忍者のような彼等(必ずしも統一教会員とは限らないようである)は、最初は熱心な信者であり、幹部の注目を惹く。
 やがて抜擢されて、教団の出版部とか事業部とかに入る。
 いったんそこに入ったら、教祖や幹部の思惑を越えて、いろんな事をやり出す。そしてその教団はガタガタになる(近藤さん、もしかしたら統一教会の差し金で千乃正法をかき回したのか。そうしたら重罪である!忍)。
 前に引用した統一教会員がオウムの雑誌に投稿した記事を見れば、接近の仕方が見えようというものだ。
 

●ロシア、北朝鮮、韓国、日本、米国を結ぶ忍者

 これまでも統一教会批判はあった。一つには、「勝共連合」に対する批判である(でも、今は完全に、未だ世界日報は、共産主義者(シオニスト)が作ったイスラエルを擁護しているから、今は天は離れている事だけは伝える。未だ、ソルジェニツインが書いた「ロシアにおける共産主義ユダヤ人の暗躍」の趣旨の本を日本語訳していない所から見ると、完全に共産主義側に入っているでしょう。どうも、入江先生は、オーストラリアで女にたぶらかされたみたいです。ショックを受ける内容だったが。それで、日本を売ったら意味がないと思うが。反共活動は、神の方針だから、共産主義国家のイスラエルは、決して容認しないでしょう。共産主義は、ユダヤ教から出来た、ユダヤ人解放の為の国家絶滅の目的で作られた思想である事は、『日本人に謝りたい』から告白された内容であり、それは神の推薦する図書して存在している。勝共連合は、方針は変えていないし、裏切りの文鮮明を擁護しているのは変わりがない。!忍)。勝共連合は統一教会と表裏一体の組織で、文字通り”反共”が旗印だったから、左翼には不倶戴天の敵だった。統一協会とは、世界基督教統一神霊協会の略である。文鮮明が1954年に韓国で創立、その4年後に日本名・西川勝こと崔翔翊により日本に上陸した。日本で宗教法人認可になったのは、昭和39年。その会長の久保木修己が勝共連合のトップを兼ねた。
 以後、統一教会や勝共連合は、文化人に、政界に食い込む。代議士の秘書には多くの統一教会員を送り込み、選挙には、統一教会・勝共連合の力を借りなければ当選しないとまでいわれる程の勢力を持った。
 昭和61年の衆参ダブル選挙では、130人の”勝共推進議員”が当選したと「思想新聞」(同年7月20日号)が伝えている。又、その3年後に東京で開かれた勝共連合推進国会議員の集いには、自民・民社などの国会議員232名が参加している。
 1984(昭和59)年、文鮮明は米国で脱税の為有罪の判決が下り、1年余りダンベリー刑務所に収監された。その為、平成4年に来日の際は入国出来ない筈だったが、超法規的に日本に入国した。
 文鮮明を招待したのは6名の「北東アジアの平和を考える国会議員の会」名義だが、実際に動いたのは統一教会直系の「スパイ防止法制定促進国民議会」で、法務大臣に口をきいたのは、金丸信自民党副総裁だった。この時、文鮮明から金丸氏に巨額の(億単位の)カネが送られたといううわさがある(お金が動いたから悪ではなく、お金をどの様に使ったのかで神の法(教育勅語、宇宙大自然の法との調和)に基づいて判断する!忍)。
 統一教会・勝共連合は「原理研究会」なる団体を通じて学生に食い込んだ。勝共連合や原理研学生達が、選挙運動の時の手足に駆り出される。
 かっては”親泣かせ”の「原理運動」「花売り」、後には「霊感商法」「集団結婚」で有名(?)になった統一教会、勝共連合だが、原理運動、霊感商法という面での批判者はいても、幾つもの宗教団体に隠れ協会員を送り込み(或いは統一教会の脱会者と称して)破壊工作を進める裏部隊としての統一教会の活動について追究している人がいるかどうかは知らない。
 
 

●統一教会の目的は各国の愛国者を骨抜きにすること

 統一教会が何の為に、とりわけ宗教団体に会員を潜らせているのか。統一教会自身が、その目的を公表するはずもない。ここに極めて興味深い文献がある。アメリカの歴史修正学者であるF・スプリングマイヤー著『蛇の如く狡猾に』(1991年)である。
 スプリングマイヤーは、色々の団体(特に最近はニューエイジ宗教)に入り込むモルモン教とよく似ている団体として統一教会を挙げ、「如何に洗脳(マインドコントロールしてカネ集めをさせるエセ宗教をつくる事が出来るかの良い例である」と見ている。
 が、次の事実は日本では知られていたかどうか。
 韓国政府はロックフェラーの銀行であるチェース・マンハッタン銀行を取引先に指定した(韓国は、北朝鮮を実質的に支援している共産主義者に魂を売った!忍)。1962年10月、米国政府は同銀行の助言に従って、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)の局長に金鍾泌を就任させた。1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で世界統一政府実現を見届けたいと、たちまち意気投合した。
 スプリングマイヤーによると、第2次世界大戦直後にロックフェラーは日本で密かにかなりの株式(又は資金)を保有していたが、その日本セクターが隠密裡に文鮮明に資金援助する事を決定したという。彼の反共十字軍は、「ロックフェラーの新世界秩序(国際共産主義恐怖国家!忍)に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする」事を使命にして動き出した。これが勝共連合だった。
 スプリングマイヤーは、ロックフェラーと仕事をしている弁護士が自信をもって語った事を次の様に紹介している。

 「ディヴィッド&ネルソン・ロックフェラーは、熱狂的なグローバリストだ。文鮮明だ
 って、そうだ。統一協会の目的は、ロックフェラーが世界各国をがんじがらめにしよう
 としている国際的なタガを、基督教にはめ込んでしまおうというのだから。このゴール
 に到達する為には、チェース・マンハッタンの連中は、いわゆる共和党右翼と呼ばれる
 愛国者達を骨抜きにしなくちゃならんのだ。よく見てご覧なさい。文鮮明がやっている
 事は、それなんだよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
 文鮮明はロックフェラーの”同士”なのである。 
 オウムとロシアとの結び付きはマスコミでも大きく取り上げられたが、ロシア、北朝鮮、韓国、日本、米国を結び事が出来るのは、統一教会である。
 

参考HP