×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

元宮内大臣田中光顕氏、明治天皇陛下すり替え告白
(三浦芳堅著『徹底的に日本歴史の誤謬を糾す』から)

 斯様申し上げた時に、田中光顕伯爵は顔色蒼然となられ、暫く無言のままであられましたが、やがて、

 「私は60年来曾って一度も何人にも語らなかったことを、今あなたにお話し
 申し上げましょう。現在此の事を知っている者は、私の外には、西園寺公望
 公爵只御一人が生存していられるのみで、皆故人となりました」

と前置きされて、

 「実は明治天皇は孝明天皇の皇子ではない。孝明天皇はいよいよ大政奉還、
 明治維新と云う時に急に崩御になり、明治天皇は孝明天皇の皇子であらせ
 られ、御母は中山大納言の娘中山慶子様で、御生れになって以来、中山大
 納言邸でお育ちになっていたと云う事にして天下に公表し、御名を睦仁親王
 と申し上げ、孝明天皇崩御と同時に直ちに大統をお継ぎ遊ばされたとなって
 いるが、実は明治天皇は、後醍醐天皇第十一番目の皇子満良親王の御王
 孫で、毛利家の御先祖、即ち大江氏がこれを匿って、大内氏を頼って長州へ
 落ち、やがて大内氏が滅びて、大江氏の子孫毛利氏が長州を領有し、代々
 長州の萩に於て、この御王孫を御守護申し上げて来た。これが即ち吉田松
 陰以下、長州の王政復古維新を志した勤皇の運動である。
  吉田松陰亡き後、此の勤皇の志士を統率したのが明治維新の元老木戸
 孝允即ち桂小五郎である。元来長州藩と薩摩藩とは犬猿の間柄であったが、
 此の桂小五郎と西郷南洲とを引合せて遂に薩長を連合せしめたのは、吾が
 先輩の土佐の坂本龍馬と中岡慎太郎である。
  薩長連合に導いた根本の原因は、桂小五郎から西郷南洲とを引合せて遂
 に薩長を連合せしめたのは、吾が先輩の土佐の坂本龍馬と中岡慎太郎であ
 る。
  薩長連合に導いた根本の原因は、桂小五郎から西郷南洲に、『我々はこ
 の南朝の御正系をお立てして王政復古するのだ』と云う事を打ち明けた時
 に、西郷南洲は南朝の大忠臣菊池氏の子孫だったから、衷心より深く感銘
 して之に賛同し、遂に薩摩藩を尊皇討幕に一致せしめ、薩長連合が成功し
 た(この告白より、孝明天皇陛下の朝廷を乗っ取りの仕立て人であった西郷
 南洲を成敗する西南戦争は基本的に官側は口封じの為に行ったのではない
 か?それから、正しい皇統を受け付ける天皇陛下一族は清和(陽成)源氏一
 族である。藤原基経の陰謀によって陽成天皇陛下は廃帝させられた。其処か
 ら、日本は真の意味の南北朝問題が起きている。その流れの源為朝が沖縄
 で王としてなり、そして孝明天皇陛下も清和(陽成)源氏の子孫であるから正
 しい王朝なのである!愛)。之が大政奉還、明治維新の原動力となった。
  明治天皇には明治維新になると同時に、『後醍醐天皇の皇子征東将軍宗
 良親王のお宮を建立してお祀りせよ』と仰せになり、遠州の井伊谷宮の如き
 は、明治二年本宮を造営せられ、同五年に御鎮座あらせられ、同六年には
 官幣中社に列せられた。
  而して御聖徳に依り、着々として明治新政は進展し、日清、日露の両役に
 も世界各国が夢想だにもしなかった大勝を博し、日本国民は挙って欽定憲
 法の通り、即ち明治天皇の御皇孫が永遠に萬世一系の天皇として此の大
 日本帝国を統治遊ばされると大確信するに至り、然も明治44年南北正閏
 論が沸騰して桂内閣が倒れるに至った時に於ても、明治天皇は自ら南朝が
 正統である事を御聖断あらせられ、往来の歴史を訂正されたのである。
 (大いなる間違いである。日清・日露戦争の場合は、日本が植民地される瀬
 戸際の問題であるから、其の問題を解決される事が先決であるし、清の政治
 も腐敗があったから、ある意味では、制裁の意味もある。其れと明治天皇の
 正統性とは全く関係がない。皇族一族の正統性は、陽成天皇陛下一族であ
 る。日露戦争の場合は、負の遺産を預かった事も忘れてはならない。全体的
 にいえる事は、明治政府は基本的に孝明天皇陛下が討伐せよと云っている
 英国との協力を仰いだ。其の中で特に阿片戦争の関係者やフリーメーソン
 との繋がりを強め、栄誉を与えている。要するに悪人を善人に仕立てた意味
 では最悪である。そして、そのお金によって、ロシアと中国は、共産主義革命
 が起き、最大の人的被害を起こした。其の意味での共犯者である事を忘れて
 はならない。勿論日本共産党も同罪であるが。現日本政府(2003年時)で
 も、北朝鮮問題等に問題あった外交官は昇進させたり、栄誉を与えたりして
 問題を起こしている事を忘れてはならない。外国に売った本来刑務所に入る
 べき人物や政府高官が栄誉を与えたり、高官のままにいる事が問題である。
 何よりも国際連合の地下に核爆弾を置いた犯人グループや其の手下の共産
 主義者グループに繋がりを持とうとして戦争や革命を考えている集団を調べ
 ようとしない政府の態度はいかがだろうか!愛)。
 …………」

と王政復古明治維新(この言葉は正しくない。『大逆革命明治維新』の言葉が正当性がある!愛)の真相を語り、尚此の外に、岩倉具視卿の活躍(暗躍!愛)や、三條以下七卿落ちの真相や、中山忠光卿の長州落ち等々、詳細に渉ってお話し下さいました。

以上